ル・タン・ピュールの目指すパン作り

◆ みなさんの思う『美味しいパン』とは?

この質問の答えには、人それぞれ様々な基準があるかと思いますが。私が美味しいと思うパンは、『厳選した安全で・美味しい材料』を使用して、しっかりと各作業工程を大切にした、生地そのものが美味しいパンです。

ル・タン・ピュールでは、プロの現場で使われている様々な 『パン作りの製法』を取入れて、特別な材料は使わずにお家でも『少しのコツとひと手間』をかけて、ワンランク上のコダワリを大切にする大人女性の皆さんも納得の、美味しいパン作りを目指していきたいと思っております。

※『手ごねクラス』のみ、プロの製法ではなく基本のパン作りを学んでいただきます。

プロの製法とは? 難しいパン作りではありません!

“中種・パートフェルメンテ・ポーリッシュ・オーバーナイト・湯種… “

”プロの製法” と聞いて少し難しそうに聞こえるかと思いますが、作り方を簡単に説明すると

1)  前日に材料の一部で『生地種』を作る
2)  残りの材料と前日の種を合わせて当日はミキシングをする

これらの製法はパンの老化を防いだり、ボリュームを出したり、香を良くしたり。いつものパンとは一味違ったおいしさのパンを作る事ができます。さらには当日のパン作りの時短となりますので、一見初心者の方には難しそうに思われるかもしれませんがマスターすると良い事ずくめの製法です。
シンプルなイーストでのパン作りが『物足りなくなった』皆さんも、今まで出会った事のないパン作りに、きっとワクワクしながら夢中になって楽しんでいただける事かと思います!

はじめまして